キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 46
  • 公開日時 : 2019/09/19 13:00
  • 印刷

クライアント用プログラムを再インストールするには?

回答

ここでは、以下のWindows向けクライアント用プログラムを再インストールする手順についてご案内しています。
  • ESET Endpoint Security V5.0 以降
  • ESET Endpoint アンチウイルス V5.0 以降
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server V4.5 以降
 
手順の詳細については、以下のSTEP 1~STEP 3をご参照ください。
 
 
■ STEP 1 設定ファイルのバックアップ(プログラムの設定を変更している場合のみ)
 
お客さまにてルールを作成するなどで設定を変更している場合は、必要に応じてクライアント用プログラムのアンインストール前に設定ファイルをエクスポートします。
※ 設定を変更していない場合は本手順を実施する必要はありません。STEP 2へ進んでください。
 
設定ファイルのエクスポート手順については、以下のWebページをご参照ください。
[Q&A]設定ファイルのインポート・エクスポート手順
 
 
■ STEP 2 再インストール手順
  1. 再インストール後のアクティベーションで、以下のライセンス情報が必要です。
  • バージョン 6 以降の場合:製品認証キー
  • バージョン 5 以前の場合:ユーザー名・パスワード
上記のライセンス情報は、ユーザーズサイトの「ライセンス情報」でご確認ください。
  1. ユーザーズサイトよりプログラムをダウンロードしてください。
※ ご利用になるプログラムを選択して[ダウンロード]ボタンをクリックし、わかりやすい場所(デスクトップなど)に保存してください。
 
※ 上記ファイルのダウンロードが終了したら、以下の再インストール作業は、ネットワークに接続しない状態(インターネットに繋がない状態)で実施します。
  1. 以下の手順を参考に、クライアント用プログラムをアンインストールします。
< Windows 10 / Windows Server 2019 の場合 >
Windowsの「スタート」メニューを右クリック→[ファイル名を指定して実行]を選択→「appwiz.cpl」と入力→[OK]ボタン→「ご利用のプログラム名(ESET Endpoint Security など)」をダブルクリック
 
Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2016 の場合 >
Windowsの「スタート」メニューを右クリック→「プログラムと機能」→「ご利用のプログラム名(ESET Endpoint Security など)」をダブルクリック
 
< Windows 8 / Windows 8.1 の場合 >
「スタート」画面を右クリック→「すべてのアプリ」→「コントロールパネル」→「プログラムと機能」(または「プログラムのアンインストール」)→「ご利用のプログラム名(ESET Endpoint Security など)」をダブルクリック
 
< Windows 2000 / Windows Vista / Windows 7 / Windows 2000 Server / Windows Server 2003 / Windows Server 2003 R2 / Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 の場合 >
Windowsの「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「ESET」→「ご利用のプログラム名(ESET Endpoint Security など)」→「アンインストール」
※ セットアップウィザードが起動いたしますので、画面の指示に従い、アンインストールします。
 
※ アンインストールが終了すると再起動を確認する画面が表示されますので、[はい]ボタンをクリックしてコンピューターを再起動してください。
  1. インストールフォルダーが存在する場合は、エクスプローラーやマイコンピューターにて、フォルダーごと削除してください。
既定では、以下のフォルダーをご確認ください。
C:\Program Files\ESET
  1. Windowsの一時フォルダー(Tempフォルダー)内のファイルを削除してください。
    キーボードの「Windows」キー+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。"%temp%"と入力して「OK」ボタンをクリックすると、Tempフォルダーが開きます。既定では以下のフォルダーです。
< Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10 / Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2016 / Windows Server 2019 の場合 >
C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Temp
 
< Windows 2000 / Windows 2000 Server / Windows Server 2003 / Windows Server 2003 R2 の場合 >
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temp
  1. 「Ctrl」キー+「A」キーを押して、Tempフォルダー内のすべてのファイルを選択し、削除してください。
※ 「アクセスできません」などのメッセージが表示された場合は、該当ファイルのみ選択を解除し、残りのファイルを削除します。
  1. 手順2でダウンロードしたプログラムをインストールしてください。
  1. インストールが終了したら、コンピューターを再起動してください。再起動後、アクティベーションしてください。
    手順の詳細は、以下のWebページをご参照ください。
    [Q&A]製品のアクティベーション(製品認証キー、または、ユーザー名・パスワードの設定)方法
 
■ STEP 3 設定ファイルのインポート(STEP 1を実施している場合のみ)
 
STEP 1でバックアップを取得した設定ファイルを再インストールしたプログラムにインポートします。
設定ファイルのインポート手順については、以下のWebページをご参照ください。
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS) : 
Windows, Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・