キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • No : 3817
  • 公開日時 : 2016/07/22 09:45
  • 印刷

フォルダーの暗号化機能について

回答

本ページではDESlock+ Proのフォルダーの暗号化機能についてご案内いたします。
 
フォルダーの暗号化機能で暗号化できるフォルダーには制限があり、Windows上のすべてのフォルダーが暗号化できるわけではありません。そこで暗号化できないフォルダーについてご案内いたします。
 

フォルダーの暗号化機能で暗号化できないフォルダーについて


下記パス内のフォルダーは基本的に暗号化できません。
フォルダーを指定してコンテキストメニューからDESlock+を選択しても「DESlock+ でファイルを暗号化」メニュー(下記、フォルダーの暗号化手順1参照)が表示されません。
 
  • C:\Windows
  • C:\Program Files
  • C:\Program Files (x86)  (ご利用のWindowsが64bit版の場合)
  • C:\Users
 
※注意※
「C:\Users」については例外として、デスクトップ上に作成したフォルダーやマイドキュメント内に作成したフォルダーは暗号化できます。
 
  • ネットワーク上の共有フォルダー
※注意※
ネットワーク上の共有フォルダーは暗号化できません。また共有フォルダー内に作成されたフォルダーもネットワークフォルダーですので暗号化できません。暗号化しようとすると下記のようなメッセージが表示されます。
 
 
 

フォルダーの暗号化機能で暗号化したフォルダーの移動、コピーについて


フォルダーの暗号化機能で暗号化したフォルダーは、移動やコピーができません。移動やコピーを実施しようとすると下記のようなメッセージが表示されます。
 
<暗号化したフォルダーの移動>
 
 
<暗号化したフォルダーのコピー>
 
 

フォルダーの暗号化機能でフォルダーを暗号化する手順について


フォルダーの暗号化機能でフォルダーを暗号化する手順についてご案内いたします。
 
  1. 暗号化したいフォルダーをマウスで右クリックしコンテキストメニューから「DESlock+」→「DESlock+ でファイルを暗号化」をクリックします。
 
 
  1. 「データをバックアップしました。続行します」のチェックボックスにチェックを入れて「次へ」ボタンををクリックします。
 
 
  1. 「暗号化キー」を選択し「次へ」ボタンをクリックします。
※注意※フォルダーの暗号化については、ファイルの暗号化やメールの暗号化などでは選択できるパスワードでの暗号化ができません。「暗号化キー」のみとなります。
 
 
  1. 以下オプションを選択し「次へ」ボタンをクリックします。
「暗号化キーが使用できない時はフォルダを非表示にする」
 
このオプションを有効にするとDESlockアプリケーションにログインしていない時などに暗号化したフォルダーが非表示となり、存在を確認できません。エクスプローラなどに表示されなくなります。
 
 
  1. 以下オプションを選択し「次へ」ボタンををクリックします。
「プレーンテキストのバックアップを残しますか?」
 
このオプションにチェックを入れると暗号化完了時に暗号化したフォルダーと暗号化前の暗号化されていないフォルダーの両方が作成されます。チェックを外すと暗号化したフォルダーのみが作成されます。
 
 
  1. 暗号化したフォルダーが作成されます。
手順5でオプションにチェックを入れると「フォルダー名(DLPバックアップ)」という暗号化されていない暗号化前のフォルダーが作成されます。
 
 
 
 
プログラム : 
DESlock+ Pro
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・