キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向け暗号化製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3675
  • 公開日時 : 2017/07/05 14:02
  • 更新日時 : 2019/05/17 15:45
  • 印刷

DESlock+ Recovery UtilityをCDブートしてHDD/SSDを復号する手順(DESlock+ Enterprise Server Ver.2.5.5で管理している場合)

回答

本ページでは、プリブート認証通過後、何らかのトラブルでWindowsが起動できなくなったPCのHDD/SSDをCDブートしたDESlock+ Recovery Utilityで復号する方法についてご案内いたします。
なお、本ページでご案内する方法は管理プログラムDESlock+ Enterprise Server Ver.2.5.5で管理しているクライアントPCを復号する方法です。

参考

本手順を実施できない環境で復号する手順については、以下のURLをご参照ください。

▼Windowsが起動できない場合に、暗号化されたHDD/SSDを復号するには?
 (DESlock+ Enterprise Serverで管理していない場合)
https://eset-support.canon-its.jp/faq/show/13745?site_domain=encryption

▼Windowsが起動できない場合に、暗号化されたHDD/SSDを復号するには?
 (DESlock+ Enterprise Serverで管理している場合)
https://eset-support.canon-its.jp/faq/show/13692?site_domain=encryption

!注意!

HDD/SSDの物理障害によってWindowsが起動できない場合は、DESlock+ Recovery Utilityを使用しても、暗号化されたHDD/SSDを復号することはできません。

はじめに

本手順を実施するには、以下が必要になります。

  • Windowsが起動できるコンピューター1台
  • 空のCD-Rメディア1枚
  • CD-Rに書き込みできるCDドライブ

!注意!

<DESlock+ Recovery Utilityを使用する上での注意事項>

  • 復号中の電源断を防ぐため、あらかじめコンピューターをAC電源に接続しておいてください。
  • DESlock+ Recovery Utilityを起動するには、BIOSの起動優先順位設定で、CDドライブの起動優先順位がHDD/SSDより上に設定されている必要があります。
    起動優先順位の設定については、メーカー・機種によりさまざまですので、PCメーカーのサポートセンターにご確認ください。
  • DESlock+ Recovery UtilityはUEFIブートモードでは動作しません。
    クライアントPCがUEFIブートモードで起動している場合はLegacy(レガシー)ブートモードへBIOSの設定を変更する必要があります。
    設定の方法についてはPCメーカーのサポートセンターへご確認ください。
  • DESlock+ Recovery Utilityはセキュアブートが有効になっていると起動しません。
    本手順を実施する前にはセキュアブートを無効に設定してください。
DESlock+ Recovery Utility起動ディスクイメージの保存
DESlock+ Recovery Utility起動ディスクイメージファイルをCD-Rへ書き込み
DESlock+ Recovery Utilityを利用したHDD/SSDの復号
プログラム : 
DESlock+ Pro
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

製品紹介