キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3639
  • 公開日時 : 2021/05/21 13:55
  • 印刷

レスキューメディアにてコンピューターの検査を実施する手順

回答

ここでは、Windows環境で以下のプログラムをご利用の際に、レスキューメディアにてコンピューターの検査を実施する手順についてご案内しています。
  • ESET Endpoint Security V6.2 以降
  • ESET Endpoint アンチウイルス V6.2 以降
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.2 以降
 
本機能では、コンピューターにインストールされたOSを起動することなくウイルス検査をおこないます。そのためOSが起動した状態では削除することのできないウイルスを取り除くことができます。
詳細は以下をご確認ください。
 
【 事前確認 】
  • Windowsシステム情報など重要なファイルがウイルス感染している場合、本機能による駆除によってOSが起動しなくなる可能性があります。あらかじめリカバリーディスクなどをご準備のうえ、本機能をご利用ください。
  • ESET SysRescue Live(ESET SysRescue)は、Windows Server 2003 R2 / Windows Server 2016 / Windows Server 2019 環境では作成・起動することができません。以下のWebぺージをご参照のうえ、「より詳細な検査」を実施してください。
  • レスキューメディアは、CD-R / DVD-R / USB で作成します。作成する前に、リムーバブルメディアをご準備ください。
【 コンピューターの検査実施手順 】
 
● レスキューメディアの作成、および、検査の実施手順
  1. 以下のWebページを参照し、レスキューメディアでを作成します。
    [Q&A]ESET SysRescue Live(ESET SysRescue)を使用して、レスキューメディアを作成する手順は?

  2. 手順1でダウンロードした[ESET SysRescue Live 手順書]を参照して、レスキューメディアの作成、および、検査を実施します。

  3. 検査の実施後に表示された感染数と駆除数を確認します。
  • 感染数と駆除数が一致する場合
    ウイルスを検出していない、または、ウイルスをすべて駆除できています。ESET SysRescue の画面を閉じて本手順を終了してください。
    ※ 検査したログを保存したい場合は、引き続き[●検査結果のログ保存手順]を実施してください。
    ※ 定期的に「より詳細な検査」を実施することを推奨します。

  • 感染数と駆除数が一致しない場合
    一部、ウイルスを駆除できていません。
    原因調査のために、[●検査結果のログ保存手順]を実施して、検査したログを保存します。
 
● 検査結果のログ保存手順
  1. 画面左側[ツール]→[ログファイル]をクリックします。
  1. [ログ]項目より、[オンデマンド検査]を選択します。
  1. 実施した検査のログを選択して、ダブルクリックします。
  1. ログ画面を右クリックして[すべてエクスポート…]をクリックします。
  1. [ファイルにログをエクスポート]画面が表示されたら、以下のとおり設定します。
・ 場所
コンピューターに内蔵されたドライブ
・ 名前
任意のテキストファイル名(例:SysRescue Live.txt)
 
  ※ ファイルを保存する際は、ファイル名末尾の拡張子をテキストファイル(*.txt)にしてください。
 
  1. 画面右下の[保存]ボタンをクリックします。
  1. 画面右上の[×]ボタンをクリックして、[ESET Sysrescue]ウインドウを閉じます。
  1. レスキューメディアを取り出します。
  1. 画面右下の電源ボタンをクリックします。
  1. [再起動]をクリックします。
 
 
[● レスキューメディアの作成、および、検査の実施手順]を実施した結果、感染数と駆除数が異なる場合は、原因調査のためにログの送付をお願いしています。
以下の【 ログ取得と送付手順 】に従って、ログを取得して、サポートセンターまでお送りください。
 
!ご利用の際の注意事項!

お問い合わせの前に「ご利用の際の注意事項」を必ずお読みください。

 

 
【 ログ取得と送付手順 】
 
Ⅰ.ログの取得
 
a) 以下のWebページを参照し、ログを取得してください。
 
b)「● 検査結果のログ保存手順 」の手順5で保存したファイルを用意してください。
 
 
Ⅱ.ログの送付
 
手順Ⅰで取得したファイルをメールに添付して、以下のメールアドレスまでお送りください。
なお、お送りいただくメールの件名・本文は以下の内容を入力してください。
 
※ 添付ファイルが5MB以上になる場合は、別途サポートセンターより送付手順をご案内します。
以下を参照して、弊社サポートセンターまでご連絡ください。
  • 法人向けサーバー・クライアント用製品のサポートセンターはこちら
  • 法人向けサーバー専用製品のサポートセンターはこちら
 
--宛先--------------------------------------------------
--件名--------------------------------------------------
レスキューCD実施後もウイルスを検出する
--本文--------------------------------------------------
名前:
名前(フリガナ):
日中の連絡先 電話番号:
連絡先メールアドレス:
 
※ ログを添付し忘れないようにご注意ください。
 
 
プログラム
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局