キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 22509
  • 公開日時 : 2022/07/20 13:00
  • 印刷

ESET Server Security for Microsoft Windows Server の変更点(V8.0.12013.1 → V9.0.12013.1)

回答

ESET Server Security for Microsoft Windows Server V8.0.12013.1 から ESET Server Security for Microsoft Windows Server V9.0.12013.1 の変更点は以下の通りです。
 
■ 追加(V8.0.12013.1 から V9.0.12013.1)
 
以下の機能が追加されました。
  • 本バージョンより、プログラムコンポーネントアップデート(PCU)機能が自動アップデート機能へ刷新されました。

    自動アップデート機能の既定値は、有効に変更されました。V8.0 のプログラムコンポーネントアップデート(PCU)機能の設定は引き継がれませんのでご注意ください。(既定値の詳細はこちら。)
    なお、自動アップデート機能の設定を変更したい場合は、以下のWebページをご参照ください。
    [Q&A]自動アップデート機能・プログラムコンポーネントアップデート(PCU)機能を有効、または、無効にするには?
     
  • リモートデスクトッププロトコル(RDP)とSMBプロトコルへの総当たり攻撃から保護できるようになりました。
    ※ 本バージョンより総当たり攻撃に特化したブロック機能が新しく搭載されました。
    ※ 詳細設定画面 →[ネットワーク保護]→[ネットワーク攻撃保護]→[総当たり攻撃保護]から設定できます。
     
  • 詳細設定画面 →[ネットワーク保護]に、「既知のネットワーク」と「ゾーン」の項目が追加されました。
     

  • アイドル状態検査の対象に、WMIデータベースとシステムレジストリが選択可能になりました。
    ※ 詳細設定画面 →[検出エンジン]→[マルウェア検査]→[アイドル状態検査]→[THREATSENSEパラメータ]の[検査するオブジェクト]から設定できます。
     
  • アップデート配信の最適化を有効にする機能が追加されました。
    ※ CDN(コンテンツ配信ネットワーク)からアップデートファイルをダウンロードすることができるようになりました。
    ※ 詳細設定画面 →[アップデート]→[プロファイル]→[アップデート]から設定できます。既定値は「有効」です。
     
  • リムーバブルメディア検出時の対話アラートの「表示されないときに適用されるアクション」の設定に、「強制デバイス検査」の項目が追加されました。
    ※ 設定手順の詳細はこちら
     
  • デスクトップ通知の設定(詳細設定画面 →[ツール]→[通知]→[デスクトップ通知])に、「通知の画面フォーカスを許可」の項目が追加されました。
     
  • 診断ログ(詳細設定画面 →[ツール]→[診断]→[詳細ログ])に、以下の項目が追加されました。

    ・Direct Cloud詳細ログを有効にする
    ・プッシュメッセージング詳細ログを有効にする
    ・リアルタイムファイルシステム保護詳細ログを有効にする
     
  • OneDrive検査のアカウント登録手順が、認証コードを使って登録するよう変更されました。
 
■ 修正(V8.0.12013.1 から V9.0.12013.1)
 
以下の不具合が修正されました。
  • Office 365アカウントに二要素認証が設定されているとOneDrive検査のアカウント登録に失敗する
 
■ ご利用上の注意事項(V9.0.12013.1)
  • 自動アップデート機能のご利用について
     
  • セキュリティと安定性のアップデート機能について
     
  • SSL/TLSプロトコルフィルタリングについて

    以下の設定で[証明書の有効性を確認する]を選択した場合でも、証明書の有効性が確認できないWebサイトへアクセスした際、確認のダイアログが表示されずにアクセスができる仕様となっています。

    詳細設定画面 →[WEBとメール]→[SSL/TLS]→[証明書の有効性]→[証明書の信頼を確立できない場合]→[証明書の有効性を確認する]

    該当のWebサイトへアクセスを拒否する際は、Webブラウザーにてご対応ください。
  • リアルタイムファイルシステム保護の動作について
     
    アクティベーション後、検出エンジンのアップデートが完了するまでは、リアルタイムファイルシステム保護が有効になりません。
    本プログラムをインストール時、必ずアクティベーションと検出エンジンのアップデートをおこなってください。
  • ESET RMMのサポートについて

    ESET RMM(詳細設定画面 →[ツール]→[ESET RMM])のご利用はサポート対象外です。
  • インストールオプションの「修正」および「修復」について

    インストールオプションの「修正」および「修復」は利用できません。実行しようとすると「このコンピュータでは、ユーザーによるインストールはポリシーで無効になっています。」というメッセージが表示されます。
 
■ 既知の不具合(V9.0.12013.1)
 
以下の不具合を確認しております。
 
その他サポート情報につきましては、こちらをご参照ください。
 
 
プログラム
ESET Server Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS)
Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・