キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1918
  • 公開日時 : 2019/06/12 12:00
  • 印刷

Linux Server向けのクライアント用プログラムである ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux / ESET File Security for Linux は同一サーバー上で共存できますか?

回答

下記Linux Server向けのクライアント用プログラムは、同一サーバー上で、両機能を有効にして共存させることが可能です。
 
● 法人向けサーバー・クライアント用製品、または、法人向けサーバー専用製品のLinux Server向けのクライアント用プログラム
  • ESET File Security for Linux
● 法人向けゲートウェイ製品のLinux Server向けのクライアント用プログラム
  • ESET Mail Security for Linux
  • ESET Web Security for Linux
 
上記3つのプログラムは同一のプログラムで構成されており、ライセンスキーファイルによってそれぞれの機能の有効 / 無効を制御しています。
そのため、既にご利用になっているプログラムに対し、共存させたいプログラムのライセンスキーファイルをインポートすることで共存が可能となります。
 
ただし、共存させる場合は、下記の3点に十分注意してください。
 
【 注意点 】
  1. ESET File Security for Linux のウイルス定義データベースのアップデートの設定に使用するユーザー名・パスワードは、共存させる法人向けゲートウェイ製品のユーザー名・パスワードを使用してください。
  1. ESET File Security for Linux のオンアクセススキャン(リアルタイムスキャン)を有効にする場合は、必要な領域に対してだけスキャンが実施されるよう、設定にてスキャン対象ディレクトリを限定してください。
     
  2. ESET File Security for Linux のオンデマンドスキャンに関して、実行時は以下のディレクトリをオンデマンドスキャンの対象から除外してください。
◆ ESET Mail Security for Linux と共存させる場合
 
メールキューディレクトリ <MTAがPostfixの場合 >
/var/spool/postfix
<MTAがSendmailの場合 >
/var/spool/mqueue、および、/var/spool/clientmqueue
一時領域
/tmp
 
◆ ESET Web Security for Linux と共存させる場合
 
一時領域
/tmp
 
 
プログラム : 
ESET File Security for Linux, ESET Mail Security for Linux, ESET Web Security for Linux
プラットフォーム(OS) : 
Linux Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局