キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 18
  • 公開日時 : 2017/12/12 14:43
  • 印刷

瞬快クライアントとESET製品を共存させる場合の注意事項

回答

瞬快Rel.7.0c以降(全グレード)と以下のESET製品を共存させ、なおかつ、瞬快クライアントの復元タイプをファイルフォルダー単位の設定にする場合は、後述の[■ 回避方法]を実施する必要があります。
  • ESET Endpoint Security V5.0
  • ESET Endpoint アンチウイルス V5.0
 
■ 回避方法]を実施していただけない場合、ESET製品の「自己防衛」機能により、瞬快の瞬間復元機能のひとつであるレジストリの修復処理が正しくおこなわれなくなります。これにより、ファイルとレジストリの間で矛盾が生じ、OSやアプリケーションが正しく動作しなくなります。
 
■ 回避方法
 
以下の手順で、ESET製品の設定を変更してください。
  1. 瞬快クライアントを修復無効モードの状態に変更するか、瞬快クライアントをアンインストールします。
     
  2. ESET製品の設定画面より、「自己防衛を有効にする」のチェックボックスをオフに設定します。

    ※ 自己防衛機能を無効にする手順は下記Webページをご参照ください。
    [Q&A]HIPS機能、および、自己防衛機能を有効 / 無効にするには?
     
  3. 瞬快クライアントを修復モードに戻すか、瞬快クライアントをインストールします。
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局