キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー専用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 17767
  • 公開日時 : 2020/10/20 09:51
  • 印刷

Windows XP、または、Windows Server 2003 環境において、「問題が発生したため、ESET Service を終了します。」というメッセージが表示される

回答

Windows XP、または、Windows Server 2003 環境において、「問題が発生したため、ESET Service を終了します。」というメッセージが表示される現象を確認しております。
 
 (※ 画像は ESET Endpoint Security のものです。)
 
本現象の詳細は以下の通りです。
 
現象
 
 

 
◆ 現象
  • 「問題が発生したため、ESET Service を終了します。」というメッセージが表示される
  • 端末のCPU使用率が増加する
  • ESET製品の詳細設定が空白となる、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートができない等、ESET製品が機能しなくなる
 

 
◆ 対象製品
 
法人向けサーバー・クライアント製品
  • ESET Endpoint Protection Advanced
  • ESET Endpoint Protection Standard
◇ 法人向けサーバー専用製品
  • ESET File Security
 

 
◆ 対象プログラム
  • ESET Endpoint Security
  • ESET Endpoint アンチウイルス
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server
 

 
◆ 対象OS
  • Windows XP
  • Windows Server 2003
 

 
◆ 発生日時
 
2020年10月16日 21:11頃
 
 

 
◆ 原因
 
本現象は、ESET製品のファイアウォールモジュール「1411.1」が原因で発生することを確認しています。
 
 

 
◆ 暫定回避策
 
本現象が発生している場合は、以下の手順にて、再度ファイアウォールモジュールを適用してください。
  1. コンピューターをセーフモードで起動します。

    < Windows XP / Windows Server 2003 の場合 >

    1 ) コンピューターの起動後、メーカーのロゴ画面やBIOSの起動画面で、[F8]キーを何度か押します。
    2 ) [Windows 拡張オプション メニュー]が表示されたら、キーボードの矢印キーを使用して[セーフ モード]を選択して[Enter]キーを押します。
     
    ※ [F8]キーを押すタイミングによっては、コンピューターが通常起動する場合があります。その場合は、コンピューターを再起動し、再度手順1)を実施してください。
     
  2. 「C:\Program Files\ESET\<プログラム名>」から「em008_32.dat」を削除します。
     
  3. コンピューターを通常モードで再起動します。
     
  4. 以下のファイアウォールモジュールを適用します。モジュールは、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートにより自動的に適用されます。
モジュール名 ファイアウォールモジュール
バージョン 1409.2
検出エンジン(ウイルス定義データベース)のバージョン
22166(20201017) 以降
検出エンジン(ウイルス定義データベース)の適用方法
以下の手順に従って、最新の検出エンジン(ウイルス定義データベース)を適用してください。
  • 手動でおこなう場合はこちら
  • クライアント管理用プログラムからおこなう場合はこちら
 
 
本現象に関する最新情報は、本ページに随時公開予定です。
お客さまにはご迷惑をお掛けしていますことを、深くお詫び申し上げます。
 
 
[更新履歴]
2020年10月19日公開
 
 
プログラム
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局