キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 172
  • 公開日時 : 2019/01/07 13:00
  • 印刷

ThreatSense.Net(早期警告システム)を有効、または、無効にするには?

回答

以下の手順で、ThreatSense.Net (早期警告システム)の設定を変更することができます。
 
 
■ ThreatSense.Net とは?
 
ThreatSense.Net (早期警告システム)は、以下の機能を持っています。
  • コンピュータ内で検出したウイルスの統計情報を、ESET社へ匿名で送信する
  • 疑わしいファイルが検出された場合に、そのファイルをESET社へ送信する
ThreatSense.Net(早期警告システム)を無効にした場合は、統計情報および疑わしいファイル(シグネチャ検査以外の検査による)を検出した際に、ESET社へ提出されなくなります。
ヒント
ESET File Security for Windows Server V6.2 以降 / ESET Endpoint アンチウイルス for OS X V6.1 以降では、ThreatSense.Netの後継にあたるESET Live Gridを搭載しております。
 
■ 対象プログラム
 
ThreatSense.Net は、以下のクライアント用プログラムに搭載されています。
  • ESET NOD32アンチウイルス for Mac V4.1
  • ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop V4.0
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server V4.5
  • ESET File Security for Linux V4.5
  • ESET Mail Security for Linux V4.5
  • ESET Web Security for Linux V4.5
 
■ ThreatSense.Net を有効、または、無効にするには?
 
クライアント端末を直接操作して設定変更する場合
 
クライアント管理用プログラムで設定変更する場合(法人向けサーバー専用製品は対象外)
 
 
本機能を使用したESET社へのファイル提出は、早期対応をお約束するものではございません。
また、メールアドレスの入力は任意です。このメールアドレスは、解析情報の連絡をお約束するものではございません。
 
 
プログラム : 
ESET NOD32アンチウイルス for Mac, ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop, ESET File Security for Microsoft Windows Server, ESET File Security for Linux, ESET Mail Security for Linux, ESET Web Security for Linux, ESET Remote Administrator, ESET Security Management Center
プラットフォーム(OS) : 
Windows, Mac, Linux Desktop

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・