キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 17104
  • 公開日時 : 2020/10/19 08:41
  • 印刷

マイクロソフト社の「SHA-1廃止」に伴うESET製品への影響について

回答

マイクロソフト社の「SHA-1廃止」に伴う、ESET製品の影響についてご案内します。
 
詳細は以下の通りです。
 
◆概要
 
SHA-1の脆弱性対策として、マイクロソフト社よりSHA-1の利用を廃止しSHA-2へ移行する方針が出されています。そのため、SHA-2をサポートしていないOSをご利用の場合は、SHA-2で署名されたファイルを受け取ることができなくなります。
 
◆ ESET製品への影響
 
これに伴い、ESET製品でもSHA-1の利用を廃止しSHA-2を利用するように変更されます。そのため、SHA-2をサポートしていないOSをご利用の場合、2021年2月1日以降検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートができなくなり、最新のウイルスに対応できなくなります。
 
◆ 影響を受ける環境
 
ご利用中のOS ご利用中のESET製品 ESET製品のバージョン
Windows Vista
・ESET Endpoint Security
・ESET Endpoint アンチウイルス
V6.6 以降
Windows 7
Windows Server 2008
・ESET File Security for Microsoft Windows Server
V7.0 以降
Windows Server 2008 R2

◆ 必要な対応と実施期限
 
実施が必要な対応 実施期限
OSのアップグレード 2020年12月31日(木)
 
◆ お客さまに実施していただきたいこと
 
影響を受ける環境でESET製品をご利用のお客さまは、上記実施期限までにOSのアップグレードを実施してください。
なお、Windows 7、Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 でご利用のお客さまでOSのアップグレードが実施できない場合、マイクロソフト社のService Pack、および、更新プログラムの適用をお願いします。
 
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS) : 
Windows, Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局