キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 170
  • 公開日時 : 2019/09/03 13:00
  • 印刷

検出されたウイルスなどを自動で駆除もしくは削除しない方法

回答

Windows向けプログラムの既定の設定では、検出されたウイルスは自動的に駆除、もしくは、削除する設定になっています。
検出されたウイルスを自動ではなく手動で処理したい場合は、ウイルス検出時の動作の設定変更をおこなってください。
 
設定手順は以下の通りです。
 
 
◆ 対象プログラム
  • ESET Smart Security Premium
  • ESET Internet Security
  • ESET NOD32アンチウイルス
 
◆ 設定手順
 
※ ここでは、電子メール受信時を例としてご説明いたします。
  1. 画面右下の通知領域にあるESET製品のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。
    ※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。

    (※ 画面は ESET Internet Security V12.2 のものです。)

  2. [設定]→[詳細設定]をクリックして、設定ウインドウを開きます。

    (※ 画面は ESET Internet Security V12.2 のものです。)

  3. [WEBとメール]→[電子メールクライアント保護]をクリックし、[THREATSENSEパラメータ]を展開します。

    (※ 画面は ESET Internet Security V12.2 のものです。)

  4. [駆除]の[駆除レベル]欄のプルダウンリストから[駆除なし]を選択します。

    (※ 画面は ESET Internet Security V12.2 のものです。)

  5. [OK]ボタンをクリックし、設定ウインドウを閉じます。
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium, ESET Internet Security, ESET NOD32アンチウイルス
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・