キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • No : 15086
  • 公開日時 : 2017/05/16 17:32
  • 印刷

暗号化キーの共有方法について

回答

本ページでは、管理サーバー ESET Endpoint Encryption Serverで管理されていないクライアントPC間で暗号化キーを共有する方法についてご案内いたします。

ESET Endpoint Encryption製品は、複数の端末で暗号化キーを共有することができます。
共有した暗号化キーを使用してファイルなどの対象物を暗号化する事で、その暗号化キーを共有した端末でのみ暗号化された対象物を復号することができます。
共有した暗号化キーを持たない端末では、ESET Endpoint Encryptionをインストールしていても、暗号化された対象物を復号することができません。

参考

暗号化キーを使用して暗号化できる対象物は、ファイル以外に以下のものがあります。

●ファイル/フォルダー ●リムーバブルメディア ●光学メディア ●電子メール ●テキスト

暗号化キーを共有する方法の概要

下記手順では、2台のPC間(PC1とPC2)で暗号化キーを共有する方法についてご案内いたします。

下記手順では、使用する2台のPCを以下のように仮定します。

  PC1:PC2上の暗号化キーを受け取る側のPCです。
  PC2:PC1へ暗号化キーを発行する側のPCです。

本例ではPC2上で作成した暗号化キー、もしくはPC2にすでに登録されている暗号化キーをPC1へ登録して共有する方法をご案内いたします。

!注意!

手順を実施するには、PC1、2のそれぞれにESET Endpoint Encryptionがインストールされており、それぞれのESET Endpoint Encryptionアプリケーションにキーファイルパスワードを入力してログインできている必要があります。

詳細な手順につきましては下記をご参照ください。

1.暗号化キーの要求ファイルを作成(PC1の作業
2.暗号化キーの要求ファイルを配付(PC1の作業
3.暗号化キーファイルの作成(PC2の作業
4.暗号化キーファイルの配付(PC2の作業
5.暗号化キーファイルの登録(PC1の作業
プログラム : 
DESlock+ Pro
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・