キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 14824
  • 公開日時 : 2018/12/26 14:53
  • 印刷

ESET Endpoint Encryption ToolをUbuntuから起動してHDD/SSDを復号する手順

回答

本ページでは、プリブート認証通過後、何らかのトラブルでWindowsが起動できなくなったPCのHDD/SSDをUbuntuから起動したESET Endpoint Encryption Toolで復号する方法についてご案内いたします。
なお、本ページでご案内する方法は管理プログラムで管理されていて、TPMを利用しないで暗号化しているクライアントPCを復号する方法です。

!注意!

HDD/SSDの物理障害によってWindowsが起動できない場合は、ESET Endpoint Encryption Toolを使用しても、暗号化されたHDD/SSDを復号することはできません。

「ESET Endpoint Encryption Tool」はUEFIブートモードでは起動しないため、Legacy(レガシー)ブートモードに変更できないPCでは「Ubuntu(LinuxベースのOS)」を利用して「ESET Endpoint Encryption Tool」を起動し、暗号化されたPCのHDD/SSDを復号します。

はじめに

本手順を実施するには、以下が必要になります。

  • Windowsが起動できるコンピューター1台
  • Ubuntu(LinuxベースのOS)を起動するためのメディア
  • 復号対象のPCがインターネットに接続されている
  • 復号対象のPCにキーボードとマウスが接続されている

!注意!

「Ubuntu」は弊社製品ではございません。
「Ubuntu」の利用、トラブルについてお問合せいただいても、回答をご案内することができません。
プログラムのダウンロード、起動メディアの作成方法、また詳細につきましては「Ubuntu」の関連したページをご確認ください。

UbuntuからESET Endpoint Encryption Toolを起動してHDD/SSDを復号する手順

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・