キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 13833
  • 公開日時 : 2019/04/15 13:00
  • 印刷

Secure Data機能を有効にできない

回答

ESET Smart Security Premium V12.1 を新規インストールした環境で Secure Data 機能を有効にすると、以下のメッセージのエラーが発生し Secure Data 機能を利用できない現象を確認しています。
本現象が発生した場合は、後述の「改善策」を実施してください。
 
問題が発生しました。
 
この機能の有効化中に問題が発生しました。デバイスを再起動すると、問題が解決する可能性があります。
デバイスを再起動して、この機能をもう一度有効にしてください。
 
エラーコード:ENC.1603、または、エラーコード:ENC.20483
※ メッセージ中の「デバイスを再起動」をクリックすると、コンピューターが再起動します。ご注意ください。
※ コンピューターを再起動しても、本現象は解決しません。
 

(※ 画面は ESET Smart Security Premium V12.1 のものです。)

(※ 画面は ESET Smart Security Premium V12.1 のものです。)
 
詳細は以下の通りです。
 
 
 

 
◆ 対象製品
 
◇ 個人向け製品
  • ESET スマート セキュリティ プレミアム
※ 旧製品(ESET Smart Security Premium)を含む。
 
 

 
◆ 対象プログラム
 
現在以下のプログラムで発生することを確認しています。
  • ESET Smart Security Premium V12.1
 

 
◆ 対象OS
  • Windows
 

 
◆ 原因
 
現在、調査中です。
 
 

 
◆ 改善策
 
本現象が発生した場合、以下の手順に従って ESET Smart Security Premium を再インストールしてください。
 
< 事前準備 >
 
検査スケジュールなどの設定を既定値から変更されている場合は、事前に設定ファイルのエクスポートをおこなってください。
設定ファイルのエクスポート手順については、以下のWebページをご確認ください。
 
 
< 再インストール手順 >
 
Step.1 ESET Smart Security Premium V12.1 のアンインストール
 
以下の手順で ESET Smart Security Premium V12.1 をアンインストールしてください。
  1. 以下のWebページを参考に、ESET Smart Security Premium のアンインストールをおこなってください。
    [Q&A]Windows向けプログラムのアンインストール方法

  2. インストールフォルダーが存在する場合は、エクスプローラーやマイコンピューターにて、フォルダーごと削除してください。
     
    既定では、以下のフォルダーをご確認ください。
    C:\Program Files\ESET

  3. キーボードの「Windows」キー+「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

  4. "%temp%"と入力して「OK」ボタンをクリックするとTempフォルダーが開きますので、「Ctrl」キー+「A」キーを押して、Tempフォルダー内のすべてのファイルを選択し、削除してください。既定では以下のフォルダーパスとなります。
    C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Temp
     
    ※ 「アクセスできません」などのメッセージが表示された場合は、該当ファイルのみ選択を解除し、残りのファイルを削除してください。
 
Step.2 ESET Smart Security Premium V12.0 のインストール
 
以下の手順で ESET Smart Security Premium V12.0 をインストールしてください。
  1. 以下のURLから、ESET Smart Security Premium V12.0 のプログラムをダウンロードしてください。
     
    ※ ご利用になるプログラムをクリックして、わかりやすい場所(デスクトップなど)に保存しておきます。

  2. 手順1のWebページより V12.0 の「インストール方法」をご参照の上、ESET Smart Security Premium V12.0 をインストールしてください。
 
Step.3 Secure Data 機能を有効に設定
 
ESET Smart Security Premium V12.0 のインストールが完了したら、Secure Data 機能を有効に設定してください。
Secure Data 機能を有効にする手順については、以下のWebページの「Secure Data機能を利用する前に」をご参照ください。
 
 
Step.4 ESET Smart Security Premium V12.1 へのバージョンアップ
 
Secure Data 機能を有効にしたら、ESET Smart Security Premium V12.0 を V12.1 へバージョンアップしてください。
バージョンアップ手順についてはこちらをご参考ください。
 
 
Step.5 設定ファイルのインポート
 
< 事前準備 >で設定ファイルをエクスポートしている場合は、ESET Smart Security Premium V12.1 へのバージョンアップが完了した後、設定ファイルのインポートをおこなってください。
※ 設定ファイルをエクスポートしていない場合は、本手順は不要です。
 
設定ファイルのインポート手順については、以下のWebページをご確認ください。
 
 
上記手順にて再インストール後も本現象が発生する場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 
 
お客さまにはご迷惑をお掛けしていますことを、深くお詫び申し上げます。
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

CLUB ESET
Q&A コミュニティ
マルウェア情報局