キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 120
  • 公開日時 : 2019/01/07 13:00
  • 印刷

ESET Remote Administrator V5.3 の設定情報のエクスポートとインポート

回答

ここでは、ESET Remote Administrator V5.3 の設定情報をエクスポート(保存)/ インポート(適用)する手順についてご案内しています。
 
ESET Remote Administrator V5.3 では、設定情報はxmlファイルとしてエクスポート(保存)することができ、エクスポートしたファイルは再度 ESET Remote Administrator にインポート(適用)することが可能です。
これにより、ESET Remote Administrator を一旦アンインストールしたあとに再度インストールする場合や、サーバーリプレースをおこなう場合などに、設定を簡単に引き継ぐことができます。
 
  • ESET Security Management Center V7.0、および、ESET Remote Administrator V6.5 には、本機能は搭載されていません。
    ESET Security Management Center V7.0、および、ESET Remote Administrator V6.5 をご利用の場合は、ESET Security Management Center (ESET Remote Administrator)のデータをフルバックアップしてください。

  • 本手順でエクスポート可能な設定は、ESET Remote Administrator Console 画面上の[ツール]→[サーバオプション]にある設定が対象となります。
    「ポリシーマネージャ」および「通知マネージャ」の設定は含まれませんので、インストール後に再度設定をおこなう必要があります。また、各クライアントから収集したログなどの情報も含まれません。
 
 
なお、以下の手順では、「ESET Remote Administrator Server」を"ERAS"、「ESET Remote Administrator Console」を"ERAC"と表記しています。
 
ESET Remote Administrator の設定情報のエクスポート手順
 
ESET Remote Administrator の設定情報のインポート手順
 
 
※ ESET Remote Administrator V5.3 では、ERAメンテナンスツールを利用して設定ファイルやデータベースのバックアップ操作おこなうことも可能です。詳細は以下のWebページをご参照ください。
[Q&A]ERAメンテナンスツールで実行可能なタスク、および、ご利用時の注意事項について
 
 
プログラム : 
ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局