キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 投稿日時 : 2017/01/12 16:00

Windows向け旧バージョンプログラム(V4.2 以前)のサポート終了について

日頃は、ESET製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
 
法人向けサーバー・クライアント用製品の旧バージョンプログラム(V4.2以前)に対するサポート延長について、ご案内いたします。
 
当初、旧バージョンプログラム(V4.2以前)のサポート終了を2017年1月31日に予定していました。
しかしながら、2016年12月時点で多数のお客さまが旧バージョンプログラムをご利用されていることを確認しました。
 
弊社にて検討をおこなった結果、旧バージョンプログラムに対するサポートを2017年5月31日まで延長させていただくことになりましたので、お知らせいたします。
 
旧バージョンプログラムをご利用の場合は、2017年5月31日までに、最新プログラムへのバージョンアップを実施していただきますようお願いいたします。
なお、ESET製品をご利用のお客さまは、無償でバージョンアップをおこなうことが可能です。
 
詳細は以下の通りです。
 
◆ 対象製品
  • 法人向けサーバー・クライアント用製品
※ 対象製品の詳細はこちら
 
 
◆ 対象プログラム
 
対象プログラムは、以下のWindows向け旧バージョンプログラムです。
  • ESET Smart Security V3.0 / V4.0 / V4.2
  • ESET NOD32アンチウイルス V3.0 / V4.0 / V4.2
  • ESET Remote Administrator V2.0 / V3.0 / V4.0
※ 現在ご利用中のバージョンの確認方法はこちら
 
 
◆ サポート終了予定日 【 2017.1.12 16:00 更新 】
 
2017年5月31日(水)
 
※ サポートの内容について
上記日時をもって終了されるサポートの内容は以下の通りです。
  • 最新のウイルスへの対応
  • 検出機能向上のためのウイルス定義データベースのアップデート
  • 電話 / メールによるお問い合わせ対応
 
◆ お客さまに実施していただきたいこと
 
サポート終了後も上記「◆ 対象プログラム」に記載のプログラムを使用された場合、ウイルス定義データベースのアップデートができなくなり、最新のウイルスに対応できなくなります。
下記を参考に、必要に応じて、プログラムのバージョンアップを実施していただきますようお願いします。
  1. 現在利用しているプログラムのバージョンを確認してください。

    確認方法は下記Webページをご参照ください。
    [Q&A]バージョンの確認方法

    ※ ご利用中のプログラムが上記「◆ 対象プログラム」に含まれない場合は、以降の作業は実施していただく必要はありません。
     
  2. 上記「◆ 対象プログラム」に記載のプログラムをご利用のお客さまは、プログラムのバージョンアップを実施してください。

    「◆対象プログラム」に記載のプログラムから最新プログラム(V6)へのバージョンアップの際に下記の仕様変更がございますので、ご確認ください。
    仕様変更に対応した環境がご用意できない場合は、V5へバージョンアップしてください。
 
◆ 最新プログラム(V6)での仕様変更
■ 動作環境の変更について
 
最新プログラム(V6)では旧バージョンから動作環境に変更があります。詳細は下記Webページをご確認ください。
 
 アクティベーション方法の変更について
 
すべてのクライアント端末において、「製品のアクティベーション」が必要になりました。
※ 旧バージョンの「ユーザー名(EAV- で始まる半角英数字)・パスワードの設定」に代わる作業となります。
 
製品のアクティベーションは「製品認証キー」を使用しておこないます。
製品認証キーはユーザーズサイトの「ライセンス情報」ページでご確認ください。
 
 オフライン環境での最新プログラム(V6)の利用について
 
インターネット(社外)接続と社内LAN接続の可否によって対応しているプログラムが異なります。詳細は以下のページをご参照ください。
 
 ESET Remote Administrator V6.2 以降のミラー機能について
 
ESET Remote Administrator V6.2 以降よりミラー機能が廃止されました。ESET File Security for Microsoft Windows Server をご利用の場合、最新プログラム(V6)へバージョンアップ後、本プログラムのミラー機能をご利用ください。その他のミラーサーバーの設定方法を含め、詳細は下記Webページをご参照ください。
 
 ESET Remote Administrator V6.2 以降のインストール時の注意事項について
 
ESET Remote Administrator V6.2 以降のインストール時に下記4点の注意事項がございますので、ご確認ください。
  1. ESET Remote Administrator V6.2 以降をご利用の際には、以下のプログラムがインストールされている必要があります。

    ・Microsoft .NET Framework 3.5
    ・最新バージョンのJAVA SE

    なお、Windows Server 2008 R2 以降のサーバーで「Microsoft .NET Framework 3.5」をインストールする場合は、サーバーマネージャーの機能の追加よりおこなう必要があります。
     
  2. ドメインコントローラーには、ESET Remote Administrator V6.2 以降が既定で使用するMicrosoft SQL Serverをインストールすることができません。ドメインコントローラーでご利用の場合は、データベースにはMy SQLをご利用いただき、その他の必要なプログラムはコンポーネントプログラムから個別にインストールしてください。
       
  3. ESET Remote Administrator V6.2 以降のインストール時に設定する「証明書の有効期間」に終了時期が2038年を越える期間を設定すると、Mac向けクライアント用プログラムの管理ができません。
    Mac向けクライアント用プログラムを管理する場合は、「証明書の有効期間」には既定値(10年)以下の値を設定してください。
     
  4. 旧バージョンから ESET Remote Administrator V6.2 以降への上書きインストールによるバージョンアップおよび設定やログの引き継ぎはできませんので、ご注意ください。詳細は以下のページをご参照ください。
    [Q&A]ESET Remote Administrator V5.0 以降へのバージョンアップ方法
 ESET Remote Administrator V6.2 以降 での各クライアント端末の管理方法について
 
ESET Remote Administrator V6.2 以降でクライアント用プログラムを管理する場合は、クライアント端末に、クライアント用プログラムに加え、ERA エージェントもインストールする必要があります。
ERA エージェントは、従来のクライアント用プログラムのリモート管理機能を1つのプログラムとして独立させたものです。
 
 
 
◆ 最新プログラム(V6)へのバージョンアップ手順(Windows環境)
 
「◆ 最新プログラム(V6)での仕様変更」をご確認いただいたお客さまは、下記Webページを参考にバージョンアップを実施してください。
  • ESET Remote Administrator とミラーサーバーを利用している場合のバージョンアップ方法はこちら
  • サーバーOSやミラーサーバーを利用していない場合のバージョンアップ方法はこちら
 
今後とも、弊社製品をご愛顧の程よろしくお願いいたします。