キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6034
  • 公開日時 : 2017/05/09 20:42
  • 印刷

最新プログラム(V6)へのバージョンアップ手順について(サーバーOSやミラーサーバーを利用していない場合)

回答

ここでは、法人向けサーバー・クライアント用製品をご利用のお客さまを対象に、以下の条件をすべて満たす環境を最新プログラム(V6)にバージョンアップする手順をご案内しています。
  • ESET Remote Administrator によるクライアント管理をしていない
  • ミラーサーバーを構築して運用していない
  • ESET製品を利用する端末はすべて Windows XP 以降のクライアントOSのみである(Windows Server 2012 などのサーバーOSはない)
※ ESET Remote Administrator によるクライアント管理をしており、かつ、ミラーサーバーを構築して運用している場合のバージョンアップ手順は、下記Webページをご参照ください。
 
 
なお、最新プログラムでは、一部仕様が変更されています。バージョンアップ作業に入る前に、必ず下記をご確認ください。
 
< 最新プログラム(V6)での仕様変更 >
 
◆ 動作環境の変更について
 
最新プログラム(V6)では旧バージョンから動作環境に変更があります。詳細は下記Webページをご確認ください。
 
◆ アクティベーション方法の変更について
 
ESET製品をインストールするすべての端末で、「製品のアクティベーション」が必要になりました。
※ 旧バージョンの「ユーザー名(EAV- で始まる半角英数字)・パスワードの設定」に代わる作業となります。
 
最新プログラムの新規インストール時には、「製品認証キーによるアクティベーション」が必須となりますが、旧バージョンのプログラムを最新プログラムにバージョンアップする際は、一部の場合を除き、「製品のアクティベーション」は不要です。
 
なお、製品認証キーはユーザーズサイトの「ライセンス情報」ページでご確認いただけます。
 
※ オフライン環境でご利用になる場合は、最新プログラムのインストール後に「オフラインライセンスファイルによるアクティベーション」が必要です。
オフライン環境でのアクティベーション方法は、下記Webページをご確認ください。
◆ 設定の引継ぎについて
 
旧バージョンのプログラムの設定の引き継ぎについては、下記Webページをご参照ください。
 
 
 
上記をご確認いただいたお客さまは、以下にお進みください。
 
< 事前準備 >
  • バージョンアップスケジュールの検討

    バージョンアップの際に、対象となるすべての端末で再起動が必要になります。端末の再起動が可能な時間帯を選んで作業を実施してください。
     
  • ライセンス情報の用意

    最新プログラムは、「ユーザーズサイト」にてご提供しております。ユーザーズサイトにログインする際は、以下のライセンス情報が必要になりますので、事前にご用意ください。
    ・EEPA-/EEPS-/ES**-/N***-のいずれかで始まる「シリアル番号」
    ・EAV-で始まる「ユーザー」名
 
< バージョンアップ手順 >
 
Step.1 プログラムのダウンロード
  1. ユーザーズサイトにログインします。
     
  2. 画面上部のメニューから「プログラム/マニュアル」をクリックして、「最新バージョンをダウンロード」に進みます。
     
  3. 「4.Windows向けクライアント用プログラム」の項目から、以下のプログラムのいずれか、もしくは両方をダウンロードします。
  • ESET Endpoint Security(現在、ESET Endpoint Security V5.0 / ESET Smart Security をご利用の場合)
  • ESET Endpoint アンチウイルス(現在、ESET Endpoint アンチウイルス V5.0 / ESET NOD32アンチウイルス をご利用の場合)
 
Step.2 プログラムのバージョンアップ
 
上書きインストールによるバージョンアップが可能です。
Step.1でダウンロードしたプログラムをバージョンアップを実施する端末に保存し、そのまま実行してインストールします。
プログラムをバージョンアップした後は、必ず端末の再起動をおこなってください。
 
 
Step.3 最終確認
  1. 下記Webページを参考に、各端末を直接操作して、ウイルス定義データベースがアップデートされていることを確認します。
    [Q&A] クライアント端末に適用されているウイルス定義データベースのバージョンは?(各クライアント端末で確認する方法)
     
  2. アクティベーションがされていない旨のエラーが表示された場合は、下記Webページよりアクティベーションを実施してください。
    [Q&A] 製品のアクティベーション(製品認証キー、または、ユーザー名・パスワードの設定)方法
     
  3. HIPS機能 / 自己防衛機能が無効の場合は、設定を有効にすることをご検討ください。
    [Q&A]HIPS機能、および、自己防衛機能を有効 / 無効にするには?
※ ご利用環境や他社製品との併用のために設定を無効にしている場合を除き、HIPS機能・自己防衛機能は有効にしてご利用いただくことを推奨しています。現在の設定をご確認のうえ、必要に応じて、設定変更をご検討ください。
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security,ESET Smart Security,ESET Endpoint アンチウイルス,ESET NOD32アンチウイルス
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局