キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5762
  • 公開日時 : 2017/08/07 16:00
  • 印刷

Secure Data機能について

回答

ESET Smart Security Premium V10.0 以降は、Secure Dataを搭載しています。
 
本機能では、暗号化仮想ドライブの作成、および、リムーバブルメディアの暗号化ができます。
 
本機能のご利用にあたり、暗号化されたファイルにアクセスするためのパスワードを設定します。
ファイルにアクセスする際に必ず必要になりますので、設定したパスワードは決して忘れないようにしてください。
 
※ パスワードを忘れた場合、弊社からご案内することはできません。暗号化されたファイルは復元できなくなります。
 
なお、暗号化されたファイルには、ESET Smart Security Premium がインストールされた端末にてパスワードを入力することでアクセスできます。
 
 
本機能の詳細や手順については、以下の通りです。
 
■ Secure Data機能を利用する場合
 
本機能を利用する場合は、以下の手順を参考に、設定を有効に変更してください。
<ESET Smart Security Premium のアクティベーション後に表示される画面で設定する場合>
 
ESET Smart Security Premium のアクティベーション後、以下の画面が表示されます。

(※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
 
表示された画面の[Secure Data]の[有効]ボタンをクリックしてください。
 
 
<ESET Smart Security Premium の基本画面から設定を変更する場合>
  1. 画面右下の通知領域にあるESET製品のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  2. [設定]→[セキュリティツール]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  3. [Secure Data]の左側にあるバーをクリックして、有効(左側にあるバーが緑色)に変更します。

    ※ はじめて本機能を有効にする場合は、バーをクリックすると機能のインストールが開始されます。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
 
 
■ 暗号化仮想ドライブについて
 
パスワードを所持しているユーザーしか利用できない、仮想ドライブを作成できます。
複数人で共有しているコンピューターでも、他人に中身を参照させたくないファイルなどを安全に保管できます。
 
暗号化仮想ドライブの作成手順や利用方法については、以下をご参照ください。
  1. 画面右下の通知領域にある ESET Smart Security Premium のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  2. [設定]→[セキュリティツール]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  3. [Secure Data]の右側にある歯車のアイコン→[暗号化されたドライブの作成]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  4. [暗号化された仮想ドライブ]の[仮想ドライブ]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  5. [仮想ドライブファイル]の[参照]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  6. 暗号化仮想ドライブを作成する場所(例:デスクトップ)を選択し、[ファイル名]に任意の作成する暗号化仮想ドライブ名(例:ESET暗号化されたドライブ)を入力して、[保存]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  7. [最大容量]のプルダウンリストから、作成する暗号化仮想ドライブに保存できる最大容量を選択します。

    ※「カスタム指定」を選択すると、500MB、1GB、5GB、10GB、100GB以外の指定ができます。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  8. [続行]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  9. 暗号化仮想ドライブにアクセスするためのパスワードを入力します。

    ※ ここで設定したパスワードは弊社からご案内することができません。設定したパスワードは、忘れないようにしてください。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  10. [このWindowsアカウントで自動的に復号化]のチェックを外します。

    ※ チェックを入れた場合は、暗号化仮想ドライブを作成したWindowsアカウントでログインすると、暗号化仮想ドライブにアクセスする際にパスワードを入力せずに、自動でアクセスできます。複数人で同一のWindowsアカウントを共有している場合は、チェックを外すことを推奨します。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  11. [続行]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  12. [暗号化された仮想ドライブが正常に作成されました]画面が表示されたら、[完了]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  13. 右上の[×]ボタンをクリックし、[このコンピューターまたはリムーバブルドライブのデータを暗号化]画面を閉じます。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  14. 手順6で指定した場所に、暗号化仮想ドライブが作成されていることを確認します。

    ※ ファイル名末尾の拡張子「.eed」は表示されない場合があります。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
 
暗号化仮想ドライブにファイルを保存する、または、暗号化仮想ドライブに保存されたファイルにアクセスする場合は、以下の手順をご参照ください。
  1. 作成した暗号化仮想ドライブをダブルクリックします。

    ※ 上述の「暗号化仮想ドライブの作成手順」の手順6で作成した暗号化仮想ドライブです。

    ※ ファイル名末尾の拡張子「.eed」は表示されない場合があります。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  2. 設定したパスワードを入力し、[復号化]ボタンをクリックします。

    ※ 上述の「暗号化仮想ドライブの作成手順」の手順9で設定したパスワードです。

    ※ 上述の「暗号化仮想ドライブの作成手順」の手順10でチェックを入れた場合は、暗号化仮想ドライブを作成したWindowsアカウントにログインした際に復号されるため、本手順は不要です。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  3. ファイルを保存、または、ファイルにアクセスできます。
     
 
作成した暗号化仮想ドライブを削除したい場合は、以下の手順をご参照ください。
以下の手順に従って、暗号化仮想ドライブに保存されたファイルをすべて削除し、暗号化仮想ドライブを削除します。
 
※ 以下の手順は、Windows 10環境を例にご案内しています。OSによって画面が異なる場合がありますが、同様の手順で実施していただけます。
  1. コンピューターを再起動します。
     
  2. 作成した暗号化仮想ドライブのアイコンを、手動で削除します。
    アイコンを右クリックして、[削除]を選択します。

    ※ ファイル名末尾の拡張子「.eed」は表示されない場合があります。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
 
 
■ リムーバブルメディアの暗号化について
 
USBメモリ、SDカードなどのリムーバブルメディアを暗号化できます。
暗号化したリムーバブルメディアを利用してファイルの交換をおこなうことで、リムーバブルメディアを紛失したり盗まれたりした場合に、第三者への情報流出を防ぐことができます。
 
リムーバブルメディアの暗号化手順や利用方法については、以下をご参照ください。
  1. 暗号化したいリムーバブルメディアを挿入します。
     
  2. 画面右下の通知領域にある ESET Smart Security Premium のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  3. [設定]→[セキュリティツール]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  4. [Secure Data]の右側にある歯車のアイコン→[暗号化されたドライブの作成]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  5. [リムーバブルドライブ]の[リムーバブルドライブ]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  6. [使用可能なリムーバブルディスク]のプルダウンリストから暗号化したいリムーバブルメディアを選択し、[続行]ボタンをクリックします。

    ※ 表示されない場合は、[更新]ボタンをクリックしてください。クリックすると、暗号化可能なリムーバブルメディアが表示されます。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  7. 暗号化されたリムーバブルメディアにアクセスするためのパスワードを入力します。

    ※ ここで設定したパスワードは弊社からご案内することができません。設定したパスワードは、忘れないようにしてください。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  8. [このWindowsアカウントで自動的に復号化]のチェックを外します。

    ※ チェックを入れた場合、リムーバブルメディアの暗号化を実施したWindowsアカウントでログインすると、リムーバブルメディア挿入時にパスワードを入力せずに、自動でアクセスできます。複数人で同一のWindowsアカウントを共有している場合は、チェックを外すことを推奨します。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  9. [続行]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  10. [リムーバブルドライブは正常に保護されました]画面が表示されたら、[完了]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  11. 右上の[×]ボタンをクリックし、[このコンピューターまたはリムーバブルドライブのデータを暗号化]画面を閉じます。

    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
 
暗号化されたリムーバブルメディアにファイルを保存する、または、暗号化されたリムーバブルメディアに保存されたファイルにアクセスする場合は、以下の手順をご参照ください。
  1. ESET Smart Security Premium がインストールされた端末で、暗号化したリムーバブルメディアを挿入します。

    ※ ESET Smart Security Premium がインストールされていない端末で暗号化したリムーバブルメディアを挿入しても、暗号化フォルダーは表示されないため、アクセスできません。
     
  2. 以下の画面が表示されます。設定したパスワードを入力し、[復号化]ボタンをクリックします。

    ※ 上述の「リムーバブルメディアの暗号化手順」の手順7で設定したパスワードです。

    ※ 上述の「リムーバブルメディアの暗号化手順」の手順8でチェックを入れた場合は、リムーバブルメディアの暗号化を実施したWindowsアカウントにログインした際に復号されるため、本手順は不要です。


    (※ 画面は ESET Smart Security Premium V10.0 のものです。)
     
  3. 暗号化された[Encrypted]フォルダーが表示されます。[Encrypted]フォルダーをダブルクリックします。

     
  4. ファイルを保存したい場合は、[Encrypted]フォルダー内に保存します。
    保存されたファイルにアクセスしたい場合は、[Encrypted]フォルダーをダブルクリックします。
     
 
リムーバブルメディアの暗号化を解除したい場合は、以下の手順をご参照ください。
以下の手順に従って、リムーバブルメディアの暗号化を解除します。
 
※ 以下の手順では、暗号化フォルダー([Encrypted]フォルダー)に保存されたファイルだけでなく、リムーバブルメディアに保存されているすべてのファイルが削除されます。
本手順を実施する前に、リムーバブルメディアに保存されている必要なファイルを別の場所に保存してください。
 
※ Windows 10環境を例にご案内しています。OSによって画面が異なる場合がありますが、同様の手順で実施していただけます。
  1. Windowsの「スタート」メニューを右クリックして、[エクスプローラー]を選択します。

     
  2. リムーバブルドライブ(例:リムーバブルディスク(E:))を右クリックして、[フォーマット]を選択します。

     
  3. [開始]ボタンをクリックします。

     
  4. [警告]画面が表示された場合は、[OK]ボタンをクリックします。

     
  5. [フォーマットが完了しました。]画面が表示されたら、[OK]ボタンをクリックします。

     
  6. [閉じる]ボタンをクリックして、[フォーマット]画面を閉じます。

     
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

CLUB ESET
Q&A コミュニティ
マルウェア情報局