キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー専用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4971
  • 公開日時 : 2017/04/24 16:00
  • 印刷

法人向けサーバー専用製品の既知の不具合とご利用の際の注意事項について

回答

ここでは、以下の製品・プログラムのご利用上の注意事項、推奨設定、既知の不具合などについてご案内しています。
 
製品 プログラム
ESET File Security for Linux / Windows Server
ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.3 / V6.4 / V6.5
ESET File Security for Linux V4.0 / V4.5
 
本製品・プログラムをご利用の際は、必ず事前に以下の内容をご確認ください。
 
2-1. 推奨設定について
 
製品を快適にご利用いただくための推奨設定をご用意しております。
こちらをご参照のうえ、ご利用環境にあわせて設定の変更をご検討ください。
また、メールサーバーやアプリケーションサーバーなどでご利用の際は、サーバー用途に合わせた検査の無効や除外の設定もご検討ください。設定については、下記Webページをご参照ください。
 
2-2. 既知の不具合について
  1. 上書きインストールでバージョンアップした際に一部設定が引き継がれない
     
  2. ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.4 / V6.5 を上書きインストール後、「アプリケーションプロトコルの分析は機能しません」などのエラーメッセージが表示される【 2017.04.25 更新 】
     
  3. 電子メール通知機能で送信されるメールをOutlook 2007以上で受信すると、メール本文が文字化けする【 2017.04.25 更新 】
電子メール通知機能([設定]画面 -[詳細設定]-[ツール]-[電子メール通知])に推奨設定(※)を適用していても、本機能で送信されるメールをOutlook 2007以上で受信すると、メール本文が文字化けすることを確認しております。
 
(※) 電子メール通知機能をご利用の際は、文字化けを防ぐため、お客さまご自身で以下の設定に変更していただくよう推奨しています。
  • [各地域のアルファベット文字を使用]:有効
  • [各地域のエンコーディングを使用]:有効
本現象は、電子メール通知機能で送信されるメールの日本語文字コードが「Windows-932」となっているため、「Windows-932」に対応していないメールソフトウェアでメールを受信すると発生します。
 
電子メール通知機能をご利用の際は、文字化けを防ぐため、推奨設定を適用したうえで、以下のいずれかの方法で利用していただきますようお願いします。
  • 文字化けしたメールの文字エンコードを「Shift_JIS」に手動で変更する
  • 他のメールソフトウェアで受信する
本現象は、2017年4月25日よりユーザーズサイトに公開しております ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.5 で修正されています。最新バージョンをダウンロードしてご利用ください。
  1. ESET Shellでコンピューターの検査を実行すると、除外フィルタに登録されているフォルダーやファイルも検査対象に含まれる 【 2017.04.25 更新 】
ESET Shellでコンピューターの検査(オンデマンドスキャン)を実行すると、除外フィルタに登録されているフォルダーやファイルも検査される現象を確認しています。
 
ESET Shellでコンピューターの検査を実行する場合は、スケジューラに作成した[コンピュータの検査]タスクを実行すると、除外フィルタに登録されているフォルダーやファイルが正しく検査対象から除外されます。以下の手順を参照し、スケジューラに作成した[コンピュータの検査]タスクを実行してください。
  1. スケジューラに[コンピュータの検査]のタスクを作成します。
  1. ESET Shellで[scheduler task]コマンドを実行し、手順1で作成した[コンピュータの検査]タスクのIDを調べます。
  1. ESET Shellで手順1で作成した[コンピュータの検査]のタスクを実行します。タスクのIDが8の場合は[start scheduler task 8]コマンドを実行します。
本現象は、2017年4月25日よりユーザーズサイトに公開しております ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.5 で修正されています。最新バージョンをダウンロードしてご利用ください。
 
3-1. インストール時の注意事項
  • 本プログラムはRed Hat Enterprise Linux / SUSE Linux Enterprise / CentOSに対応しています。Ubuntu Desktopには対応していません。
  • SELinux / Apparmorには対応していません。有効になっている場合は、無効にしてください。無効化手順はこちら
  • インストールにはroot権限(スーパーユーザー)が必要です。
  • インストール時に依存性エラーが出力される場合があります。詳細はこちら
  • 本プログラムをより安定的に運用していただくため、こちらをご参照いただき、ログ出力に関する設定の変更をご検討ください。
 
3-2. 既知の不具合について
 
ご利用いただく上で、動作に支障をきたす不具合は報告されておりません。
 
 
※ 現在 ESET File Security for Microsoft Windows Server の旧バージョンをご利用のお客さまが、最新バージョンのご利用を検討される場合は、下記Webページも合わせてご参照ください。
 
※ その他サポート情報(よくあるご質問、既知の不具合)については下記をご参照ください。
 
 
プログラム : 
ESET File Security for Microsoft Windows Server,ESET File Security for Linux
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server,Linux Server

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局