キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4584
  • 公開日時 : 2017/08/07 16:00
  • 印刷

一部のSSLサイト(「https://」で始まるWebページ)が表示できない

回答

以下のWindows向けプログラムで、一部のSSLサイト(「https://~」で始まるWebサイト)にアクセスできないことを確認しております。
  • ESET Smart Security Premium V10.0 以降
  • ESET Internet Security V10.0 以降
  • ESET Smart Security V9.0
  • ESET NOD32アンチウイルス V9.0 以降
本現象は「SSL/TLSプロトコルフィルタリング」機能によって発生している可能性があります。
 
本現象が発生した場合は、下記の手順に従い、アクセスできないWebサイトを本機能の検査対象から除外してください。
 
※ 本機能は、V9.0 以降のプログラムでは既定で有効になっています。
 
※ 本設定をおこなった場合も、リアルタイムファイルシステム保護機能(ファイルの読み込み / 書き込み / 実行時にファイルを検査する機能)にて、ご利用の端末は常時監視されております。また、SSLサイトで発生する通信は、ESET製品の有無に関わらず、常時暗号化されています。
 
  1. 画面右下の通知領域内のESET製品のアイコンをダブルクリックします。

    ※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
  1. 基本画面の[設定]→[詳細設定]をクリックして、設定ウインドウを開きます。
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
  1. [WEBとメール]→[SSL/TLS]を展開し、[SSL/TLSプロトコルフィルタリングモード]のプルダウンリストから[対話モード]を選択します。[OK]ボタンをクリックして、設定ウインドウを閉じます。
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
  1. アクセスを許可したいWebサイトにアクセスします。
     
  2. [暗号化ネットワークトラフィック 信頼できる証明書]画面が表示されたら、[この証明書のアクションを記憶する]を選択して[無視]ボタンをクリックします。

    ※ 本画面は、複数回表示される場合もあります。その場合は同様の手順を繰り返してください。
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
  1. 手順4でアクセスしたWebサイトが表示されることを確認します。
     
  2. 再度、ESET製品の基本画面の[設定]→[詳細設定]をクリックして、設定ウインドウを開きます。
     
  3. [WEBとメール]→[SSL/TLS]を展開し、[SSL/TLSプロトコルフィルタリングモード]のプルダウンリストから[ルール付き自動モード]を選択します。[OK]ボタンをクリックして、設定ウインドウを閉じます。
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
  1. アクセスを許可したいWebサイトにアクセスし、表示されるかご確認ください。
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium,ESET Internet Security,ESET Smart Security,ESET NOD32アンチウイルス
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・