キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向け暗号化製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3072
  • 公開日時 : 2017/03/22 17:17
  • 更新日時 : 2017/07/26 11:32
  • 印刷

Windowsを起動できない場合に、暗号化されたHDD/SSDを復号するには?

回答

プリブート認証通過後にWindowsが起動しなくなった場合、HDD/SSDが暗号化されているとWindowsの修復ができません。
このような状況に陥った場合、「DESlock+ Recovery Utility」を利用すると暗号化されたHDD/SSDを復号することができます。
 
本ページでは、「DESlock+ Recovery Utility」を利用したHDDの復号方法についてご案内します。
 
 

はじめに

作業を始める前に、下記の点をご確認ください。
  • 本作業を実施するには、以下のものが必要になります。
⇒ Windowsが起動できるコンピューター1台
 ※Windowsが起動できるコンピューターがない場合は、暗号化製品サポートセンターまでご連絡ください。
⇒ 空のCD-Rメディア1枚
⇒ CD-Rに書き込みできるCDドライブ
  • 復号中の電源断を防ぐため、あらかじめコンピューターをAC電源に接続しておいてください。
  • DESlock+ Recovery UtilityはUEFIブートモードでは動作しません。ブートモードをLegacyブートモードに切り替えてご利用ください。機種によっては「BIOSブートモード」や「UEFIを利用しない」など呼び名が異なります。ブートモードの切り替え設定については、メーカー・機種によりさまざまですので、ご利用中のPCメーカーのサポートセンターにご確認ください。
 

DESlock+ Recovery Utility起動ディスクの作成方法

  1. 下記リンクから、DESlock+ Recovery UtilityのISOイメージをダウンロードします。

    DESlock+ Recovery Utility ISOイメージ
    recovery.iso / 79.9 MB
    ダウンロード

     
  2. 空のCD-Rをコンピューターにセットします。

     
  3. ダウンロードした「recovery.iso」を右クリックし、表示されるメニューから[プログラムから開く]をクリックします。
     


     
  4. [Windows ディスク イメージ書き込みツール]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
     


     
  5. 「Windows ディスク イメージ書き込みツール」が表示されますので、[書き込み後のディスクの確認]にチェックを入れ、[書き込み]ボタンをクリックします。
     


     
  6. CD-RへのDESlock+ Recovery Utilityの書き込みが実行されます。
    完了まで時間がかかりますので、そのままお待ちください。
     


     
  7. 「ディスク イメージはディスクに正常に書き込まれました」と表示されますので、[閉じる]ボタンをクリックし、作成したDESlock+ Recovery Utilityのディスクを取り出します。
     


     
以上でDESlock+ Recovery Utility起動ディスクの作成は完了です。引き続き下記手順に従って、HDD/SSDの復号を実施してください。
 
 

DESlock+ Recovery Utilityを利用したHDD/SSDの復号

  1. 上記手順で作成したDESlock+ Recovery UtilityのディスクをWindowsが起動しないコンピューターにセットし、コンピューターの電源を入れてDESlock+ Recovery Utilityを起動します。

    DESlock+ Recovery Utilityが起動しないときは
     
    DESlock+ Recovery Utilityを起動するには、BIOSの起動優先順位設定で、CDドライブの起動優先順位がHDD/SSDより上に設定されている必要があります。
     
    起動優先順位の設定については、メーカー・機種によりさまざまですので、コンピューターのメーカーにご確認ください。
     
    DESlock+ Recovery UtilityはUEFIブートモードでは起動しません。ブートモードをLegacyブートモード(機種によっては「BIOSブートモード」や「UEFIを利用しない」など呼び名が異なります。)に切り替えてご利用ください。
     
    ブートモードの切り替え設定については、メーカー・機種によりさまざまですので、ご利用中のPCメーカーのサポートセンターにご確認ください。
     
     
  2. DESlock+ Recovery Utilityが起動します。
    「Start」が選択されている事を確認し、「Enter」キーを押下します。
     


     
  3. 「Press Return to continue」と表示されますので、「Enter」キーを押下します。
     


     
  4. 「Please type DECRYPT and press Return to continue, anything else will abort.」と表示されますので、「DECRYPT」と入力し、「Enter」キーを押下します。
     

     
  5. 「Please enter a username」と表示されますので、「Names」欄に表示されているプリブート認証用ユーザー名を一つ入力します。
    ※入力するアカウントは任意のもので構いません。下の画像では例として「admin」を入力しています。
     

     
  6. 「Enter password」と表示されますので、プリブート認証用ユーザー名に対応したパスワードを入力します。
    本手順では「admin」アカウントの管理者パスワードを入力します。
    (参考:[Q&A]管理者パスワードとは何ですか?
     

     
  7. 復号が開始され、復号されたセクター数がカウントアップされます。

    復号中は絶対にコンピューターの電源を切らないでください
    復号中にコンピューターの電源が切れると復号が不完全になり、データを取り出せなくなります


     
  8. 「Your system has been successfully decrypted」と表示されれば復号が完了です。
    「Enter」キーを押下します。
     

     
  9. 「Please press the Return key to restart the system」と表示されますので、「Enter」キーを押下します。
    コンピューターが再起動しますので、DESlock+ Recovery Utilityのディスクをコンピューターから取り出してください。
     

     
以上でHDD/SSDの復号作業は完了です。
 
HDDが復号されていますので、Windowsのインストールディスクやシステム修復ディスクから「スタートアップ修復」を実行してWindowsを修復したり、もしくはLive CDなどを使用して必要なデータを取り出したりすることができます。
 
※DESlock+ Recovery Utilityを使用するためにブートモードを変更している場合は、変更する前の設定にブートモードを戻してください。ブートモードを戻さないとWindowsが起動しなくなる可能性があります。
 
※Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。
プログラム : 
DESlock+ Pro
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

製品紹介