キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けクライアント専用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2879
  • 公開日時 : 2017/08/07 16:00
  • 印刷

ウイルス検体(疑わしいファイル)の送付方法(ESET Smart Security Premium / ESET Internet Security / ESET Smart Security / ESET NOD32アンチウイルス を利用している場合)

回答

本手順は、サポートセンターよりお客さまへご案内があった場合にのみおこなってください。
 
Windows向けプログラムをご利用の環境で発見されたウイルス検体を調査する場合は、下記の手順に従って該当ファイルを弊社FTPサーバーまでお送りください。

○ 弊社FTPサーバーへの送付までの流れ

a.ウイルス検体の隔離

【 隔離されたウイルス検体の確認手順 】に従って、ウイルス検体が隔離されているか確認します。

※ 下記Webページより、ご利用になっているプログラムのバージョンを確認してください。

  • 個人向け製品をご利用の場合はこちら
  • 法人向けサーバー・クライアント用製品をご利用の場合はこちら
  • 法人向けサーバー専用製品をご利用の場合はこちら
  • 法人向けクライアント専用製品をご利用の場合はこちら

【 隔離されたウイルス検体の確認手順 】

  1. 画面右下の通知領域内にあるESET製品のアイコンをダブルクリックします。

    ※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
  1. 下記よりご利用のバージョンの手順に従って[隔離]を開きます。
ESET Smart Security Premium V10.0 以降 / ESET Internet Security V10.0 以降 / ESET Smart Security V9.0 の場合
 
1)基本画面の[ツール]→[その他のツール]とクリックします。
 
※ ESET Smart Security V9.0 をご利用の場合は、[その他のツール]は画面中央に表示されます。
 
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
 
2)その他のツールより、[隔離]をクリックします。
 
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
 
ESET NOD32アンチウイルス V9.0 以降の場合
 
1)基本画面の[ツール]→[隔離]をクリックします。
 
(※ 画面は ESET NOD32アンチウイルス V10.0 のものです。)
  1. 隔離の一覧にウイルス検体が表示されていることを確認します。
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
 
  1. 画面右下の通知領域内にあるESET製品のアイコンをダブルクリックします。

    ※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。
  1. 基本画面左のメニューバーの①「ツール」をクリックし、ツールの一覧から②「隔離」を選択します。

    拡大して見る
    (※ 画面は ESET Smart Security V8.0 のものです。)
     
  2. 隔離の一覧にウイルス検体が表示されていることを確認します。

    拡大して見る
    (※ 画面は ESET Smart Security V8.0 のものです。)
     
  1. 画面右下の通知領域内にあるESET製品のアイコンをダブルクリックします。
  1. ユーザーインターフェースを詳細モードへ切り替えます。
    (参考:[Q&A]標準モードから詳細モードへの切り替えるには?
  1. 基本画面左のメニューバーの①「ツール」をクリックし、ツールの一覧から②「隔離」を選択します。

    拡大して見る

    (※ 画面は ESET Smart Security V4.2 のものです。)
  1. 隔離の一覧にウイルス検体が表示されていることを確認します。

    拡大して見る

    (※ 画面は ESET Smart Security V4.2 のものです。)
     

ウイルス検体が隔離されていない場合は、以下の方法で手動で隔離します。

【 ウイルス検体を手動で隔離する手順 】

ウイルス検体のファイルを右クリックし、「詳細設定オプション」→「ファイルを隔離」を選択します。ウイルス検体が隔離されます。
※ウイルス検体を誤って実行しないようご注意ください。

b.隔離フォルダーの圧縮

隔離したウイルス検体は、隔離フォルダー(「Quarantine」フォルダー)に安全な状態で保存されます。
隔離フォルダーのフォルダーパスはOSによって異なります。

  • C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Local Settings\Application Data\ESET\(ESETプログラム名)\Quarantine
  • C:\Documents and Settings\Local Service\Local Settings\Application Data\ESET\(ESETプログラム名)\Quarantine
※ 一部隠しフォルダーとなっておりますので、隔離フォルダーを圧縮する前に隠しフォルダーを表示する設定にします。
  1. スタートメニューをクリックし、「マイ コンピュータ」を選択します。
  2. メニューバーの「ツール」をクリックし、「フォルダ オプション」を選択します。
  3. 「表示」タブをクリックし、「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択します。
  4. 「Local Service」フォルダーを表示する場合は、「表示」タブをクリックし、「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない (推奨)」のチェックを外します。
  5. 「OK」ボタンをクリックし、設定を適用します。
  • C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\ESET\(ESETプログラム名)\Quarantine
  • C:\Windows\System32\config\systemprofile\AppData\Local\ESET\(ESETプログラム名)\Quarantine
  • C:\Windows\SysWOW64\config\systemprofile\AppData\Local\ESET\(ESETプログラム名)\Quarantine
※ 「Users」フォルダーはWindowsエクスプローラーで確認すると「ユーザー」と日本語で表示されています。

※ 一部隠しフォルダーとなっておりますので、隔離フォルダーを圧縮する前に隠しフォルダーを表示する設定にします。
  1. スタートメニューをクリックし、「コンピューター」を選択します。
  2. メニューバーの「整理」をクリックし、「フォルダーと検索のオプション」を選択します。
  3. 「表示」タブをクリックし、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択します。
  4. 「OK」ボタンをクリックし、設定を適用します。
  • C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\ESET\(ESET プログラム名)\Quarantine
  • C:\Windows\System32\config\systemprofile\AppData\Local\ESET\(ESETプログラム名)\Quarantine
  • C:\Windows\SysWOW64\config\systemprofile\AppData\Local\ESET\(ESETプログラム名)\Quarantine
※ 「Users」フォルダーはWindowsエクスプローラーで確認すると「ユーザー」と日本語で表示されています。

※ 一部隠しフォルダーとなっておりますので、隔離フォルダーを圧縮する前に隠しフォルダーを表示する設定にします。
  1. デスクトップ画面左下の「エクスプローラー」をクリックします。
  2. メニューバーの「表示」をクリックし、「隠しファイル」にチェックします。

「Quarantine」フォルダーをZIPファイルに圧縮し、パスワードに「infected」を設定してください。

※ Windows XP / Windows Server 2003以外のOSには、ZIPファイルにパスワードを設定する機能がございません。そのため、お手持ちの圧縮ソフトをご利用いただき、ZIPファイルへの圧縮、パスワードの設定をお願いいたします。

※ Windows XP / Windows Server 2003をご利用の場合は、以下の手順をご参考ください。

【 フォルダーの圧縮手順(Windows XP / Windows Server 2003 の場合)】

  1. 「Quarantine」フォルダーを右クリックし、「送る」→「圧縮(zip形式)フォルダ」を選択します。「Quarantine.zip」が作成されます。
  2. 「Quarantine.zip」をダブルクリックし、メニューバーの「ファイル」→「パスワードの追加」をクリックし、パスワードに「infected」を設定してください。

c.ウイルス検体の送付

送付手順については、別途サポートセンターよりご案内しましたWebページをご確認ください。
サポートセンターにお問い合わせいただいていないお客さまは、まずはサポートセンターまでご連絡ください。
 
※ 製品によりサポートセンターが異なりますので、ご注意ください。
  各製品区分の対象製品についてはこちらをご参照ください。
 
※ 個人向け製品のサポートセンターはこちら
  法人向けサーバー・クライアント用製品のサポートセンターはこちら
  法人向けサーバー専用製品のサポートセンターはこちら
  法人向けクライアント専用製品のサポートセンターはこちら
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium,ESET Internet Security,ESET Smart Security,ESET NOD32アンチウイルス
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局