キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 194
  • 公開日時 : 2016/12/07 15:00
  • 印刷

ウイルス定義データベースの手動アップデート方法

回答

Windows向けプログラムでは、ウイルスの特徴を記述したウイルス定義データベースやプログラムコンポーネントなどを最新の状態へアップデートすることで、日々増えつづけている新種のウイルスや亜種へと変化したウイルスが検出可能となります。
 
ウイルス定義データベース、および、プログラムコンポーネントのアップデート方法には、手動でおこなう方法とスケジュールにより指定した時間に自動でおこなう方法があります。
ここでは、ウイルス定義データベース、および、プログラムコンポーネントの手動でのアップデート方法をご案内します。
 
下記よりご利用中のプログラムのバージョンを選択して、手順をご確認ください。
 
※ 現在ご利用中のプログラムのバージョンがわからない場合はこちら
  1. 画面右下の通知領域内にあるESET製品のアイコンをダブルクリックします。
※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
  1. 基本画面の[アップデート]→[今すぐアップデート]ボタンをクリックします。
(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
 
  1. 画面右下の通知領域内にあるESET製品のアイコンをダブルクリックして基本画面を開きます。

拡大して見る

(※ 画面は ESET Smart Security V5.0 のものです。)
  1. [アップデート]を選択し、[ウイルス定義データベースのアップデート]または[ウイルス定義データベースをアップデートする]をクリックします。

拡大して見る

(※ 画面は ESET Smart Security V5.0 のものです。)
 
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium,ESET Internet Security,ESET Smart Security,ESET NOD32アンチウイルス
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

CLUB ESET
Q&A コミュニティ
マルウェア情報局