キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けゲートウェイ製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 データベース 」 で検索した結果

同義語:
  • データーベースコミュニケーションズ
  • データベースコミュニケーションズ
  • dbコミュ
  • データベース・communications
  • データーベース・コミュニケーションズ
...等でも検索しました

20件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • ウイルス定義データベースのサイズと更新頻度について

    各クライアント用プログラムがダウンロードするウイルス定義データベースのサイズと更新頻度は以下の通りです。 クライアント用プログラムにより、ダウンロードするウイルス定義データベースが異なりますので、下記より、お客さまがご利用中のOSに対応するプログラムを選択のうえ、内容をご確認ください。 Windows / Mac

    • No:154
    • 公開日時:2016/06/28 16:00
    • カテゴリー: 機能・仕様
  • ESET Remote Administrator のウイルス定義データベースをオフラインでアップデートするには?

    ここでは、ESET Remote Administrator V2.0 / V3.0 / V4.0 / V5.0 / V5.1 で構築したミラーサーバーのウイルス定義データベースを、オフラインでアップデートする手順についてご案内しております。 ※ ESET Remote Administrator V6.2 以降に

    • No:150
    • 公開日時:2016/07/28 17:56
    • カテゴリー: 機能・仕様
  • ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux でウイルス定義データベースのオフライ...

    オフラインでウイルス定義データベースの更新をおこなうことはできません。

    • No:1931
    • 公開日時:2014/11/19 16:26
    • カテゴリー: 機能・仕様
  • ベースアップデートの実施について

    ベースアップデートとは、通常よりもサイズの大きいウイルス定義データベースのアップデートです。 Windows / Mac / Linux 向けプログラムにおいて、効率化を図るために定期的におこなわれるウイルス定義データベースの圧縮の際に発生します。 ※ サイズについては、過去の実績値を後述の「◆ 過去のベースアップ

    • No:228
    • 公開日時:2016/10/04 16:00
    • カテゴリー: 機能・仕様
  • ファイル拡張子を「.vvv」に書き換えるウイルスの検出について

    ファイル拡張子を「.vvv」に書き換えるウイルスについて、ESET製品では、2015年12月9日に配信されたウイルス定義データベース以降にて検出します。 詳細については、下記の通りです。 ◆ 対象製品 すべての製品 ◆ 対象プログラム すべてのプログラム/バージョン ◆ 対象OS 動作環境内のすべての

    • No:4082
    • 公開日時:2015/12/11 17:29
    • カテゴリー: トラブル
  • 「Google Project Zero」にて報告されているESET製品の脆弱性への対応状況について

    ) ◆ 対応状況について 本脆弱性に対して、以下の2つの修正モジュールが公開されています。 ウイルス定義データベース バージョン 11824(20150622) 配信日時 2015年6月23日 適用方法 既定では、ウイルス定義データベースのアップデートスケジュールにより自動的に配布・適用されます

    • No:3441
    • 公開日時:2015/07/01 13:30
    • カテゴリー: 製品情報
  • 迷惑メール対策機能と機能利用時の注意事項について

    複数のテクノロジーを利用して迷惑メールの可能性のスコア値を算出し、迷惑メールかどうかの判定をおこないます。 【 主な迷惑メール検出テクノロジー 】 Anti-Spamデータベース 日々更新されるAnti-Spamデータベースに基づき迷惑メールを判定 LiveFeed DNSを利用しリアルタイムにレピュテーション

    • No:1927
    • 公開日時:2016/08/10 13:44
    • カテゴリー: 機能・仕様
  • ESET Remote Administrator との連携はできますか?

    】 ウイルス定義データベースのバージョン情報取得 OS情報取得 ログの収集(ウイルスログ、システムログなど) 設定状況の確認(検査機能の有効 / 無効の確認など) ただし、ESET Mail Security for Linux、および、ESET Web Security for Linux を管理可能な ESET

    • No:1930
    • 公開日時:2016/08/01 16:00
    • カテゴリー: 機能・仕様
  • 法人向けゲートウェイ製品のウイルス・スパイウェア対策機能について

    法人向けゲートウェイ製品のマルウェア検出テクノロジーには、高い検出力と軽快な動作を実現しているWindows向けマルウェア対策製品と同様のエンジンが搭載されています。 ウイルス定義データベースを用いたシグネチャ検査のほか、コード解析やサンドボックスといったヒューリスティック検査により、既知のマルウェアだけでなく、新種

    • No:1926
    • 公開日時:2016/08/01 16:00
    • カテゴリー: 機能・仕様
  • Linux Server向けのクライアント用プログラムである ESET Mail Security for Linux / ESET Web Securi...

    制御しています。 そのため、既にご利用になっているプログラムに対し、共存させたいプログラムのライセンスキーファイルをインポートすることで共存が可能となります。 ただし、共存させる場合は、下記の3点に十分注意してください。 【注意点 】 ESET File Security for Linux のウイルス定義データ

    • No:1918
    • 公開日時:2016/08/01 16:00
    • カテゴリー: 動作環境

20件中 1 - 10 件を表示

※検索機能は、選択されたカテゴリー内の検索のみになります。
カテゴリーを選択した状態で検索を実施し、ご期待の検索結果が得られない場合は、
法人向けゲートウェイ製品のサポート情報トップページより検索をお試しください。
法人向けゲートウェイ製品のサポート情報トップページは
こちら

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局