キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けクライアント専用製品)

『 機能・仕様・操作手順 』 内を 「 ファイル 」 で検索した結果

同義語:
  • file
  • feil
  • フェイル
...等でも検索しました

33件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 隔離されたファイルの復元方法

    ここでは、以下のWindows向けプログラムをご利用の際に、ウイルスとして検出され、隔離フォルダーに隔離されたファイルを、元の場所に復元する方法についてご案内しています。 ESET Smart Security Premium ESET Internet Security ESET Smart Security

  • 設定ファイルのインポート・エクスポート手順

    ここでは、以下のWindows向けプログラムの設定ファイルのインポート・エクスポート手順についてご案内しています。 ESET Smart Security Premium V10.0以降 ESET Internet Security V10.0以降 ESET Smart Security V4.0 以降 ESET

  • 特定のファイル / フォルダーを検査対象から除外する

    ここでは、以下のWindows向けプログラムの特定のファイル / フォルダーを検査対象から除外する設定についてご案内しています。 ESET Smart Security Premium ESET Internet Security ESET Smart Security ESET NOD32アンチウイルス 本設定

  • 特定のファイル / フォルダーをコンピューターの検査対象から除外してコンピューターを検査するには?

    ここでは、以下のWindows向けプログラムにて「カスタム検査」をおこなう際、特定のファイル / フォルダーをコンピューターの検査から除外する設定についてご案内しています。 ESET Smart Security Premium ESET Internet Security ESET Smart Security

  • Mac環境にて、特定のファイルやフォルダーを検査対象から除外する

    ここでは、Mac環境にて、特定のファイル / フォルダーを検査対象から除外する設定をご案内しております。 本設定は、お客さまにて独自に開発されたアプリケーションやデータベースをご利用の環境にて、誤検出やウイルス検査時のCPU負荷を避けるためにおこなっていただく設定です。 ※ 本設定により検査対象から除外された

  • ESET NOD32アンチウイルス を導入済みのコンピューターを Windows 7 へ移行する場合の作業手順

    /support/wc0102/#ND ※ 異なるバージョン間では設定ファイルによる設定の引き継ぎができません。設定を引き継ぐ場合は、現在ご利用のESET製品と同一のバージョンをダウンロードしていただく必要があります。 ESET製品のバージョンの確認方法はこちらをご参照ください。 事前に最新バージョンにバージョンアップする場合は

  • ESET Smart Security を導入済みのコンピューターを Windows 7 へ移行する場合の作業手順

    フォルダーが存在する場合はフォルダーごと削除してください。 既定では、インストールフォルダーのフォルダーパスは以下になります。 C:\Program Files\ESET\ESET Smart Security 「スタート」→(「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→)「ファイル名を指定して実行」を開き

  • ウイルスなどが検出されたときは?

    ファイルからウイルスだけを取り除き、正常なファイルに戻す ファイル自体を削除する([削除]と呼ぶ) 【 隔離 】 ウイルスとして検出されたファイルを隔離用フォルダーに保存します。隔離されたウイルス感染ファイルは無力化処理が施されているため安全です。 [駆除]([削除]も含める)がおこなわれた場合は、同時に[隔離]が

  • ESET Live Grid(早期警告システム)について

    ウイルス ESET Live Grid (早期警告システム)は、以下の機能を持っています。 クラウドを利用してより速くより正確にマルウェアを検出する コンピューター内で検出したウイルスの統計情報を、ESET社へ匿名で送信する 疑わしいファイルが検出された場合に、そのファイルをESET社へ送信する(ファイルの提出前に

    • No:249
    • 公開日時:2017/08/07 16:00
    • カテゴリー: 機能・仕様
  • アドバンスドヒューリスティックについて

    Windows向けプログラム、および、Mac向けプログラムに搭載されている「アドバンスドヒューリスティック」とは、ファイル内部を直接解析してウイルスのコードが含まれていないかを検査し、仮想コンピューターで実際に動作させてウイルスの有無を確認する検査方法です。 新種のワーム、トロイ、ウイルスなどの脅威に対して、高確率

    • No:173
    • 公開日時:2014/11/13 17:01
    • カテゴリー: 機能・仕様

33件中 1 - 10 件を表示

※検索機能は、選択されたカテゴリー内の検索のみになります。
カテゴリーを選択した状態で検索を実施し、ご期待の検索結果が得られない場合は、
法人向けクライアント専用製品のサポート情報トップページより検索をお試しください。
法人向けクライアント専用製品のサポート情報トップページは
こちら

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局